土日のテニスがあるから仕事が頑張れるんだな~( ^ー゚)

東レパンパシ決勝に行ってきた2009年10月03日 23時35分24秒


東レPPO決勝を観てきました。

まずはシャラポアvsヤンコビッチのシングルス決勝。

第1ゲームのシャラポアサービスをいきなりブレークして,2-0リードとなったヤンコビッチ。
シャラポアの強打を拾いまくり,逆にシャラポアに負けず劣らずのストロークで応酬するヤンコビッチ優勢の展開か。
ところがそこからシャラポアが一気に巻き返して5-2。
このコートチェンジでヤンコビッチがメディカルタイムを要求。
どうも右手首付近をいためた模様です。
右手首の下あたりにテーピングを巻いて,第8ゲームがスタート。
シャラポアとのストローク打ち合いも,2ポイント連続でヤンコビッチのフォアストロークがサイドライン右に反れた時点でリタイアを申告。
うーん,残念な終わり方でした。

シャラポアの勝利者インタビューでも,
「このような形で試合が終わるのは残念。でもシーズン終わりを迎えて選手の怪我は多くなりがち。
エレナが怪我を治してまたこの決勝の舞台で戦えることを楽しみにしている。」

ヤンコビッチはシャラポアのインタビュー中もひとりポツンとベンチに座っていて無念そう。
ヤンコビッチがコートから去るとき,退場口にいた松岡修造の前を無言で通り過ぎたようで,
修造が両手の人差し指を立てて頭に乗せて,
「彼女,怒ってるの?」と鬼ポーズをしてたらしい(友人談)

予定より早くシングルス決勝が終わってしまったためw,次のダブルス決勝の選手準備ができていない。
と,その松岡修造がコナカスーツ姿でコートに登場(笑)
この試合で引退する杉山愛ちゃんの応援をトークで盛り上げます。
あいかわらず熱いwww

さてダブルス決勝。

ハンチュコバ・杉山vsクレイバノワ・スキアボーネの対戦。
ハンチュコバのすらっとしたモデルのようなスタイルと,クレイバノワのガタイの良さwに目を惹かれます。

第一セット,出だしはハンチュコバ,愛ちゃんのサーブが良くて(ファースト100%だった),4-1リードのいい展開。
これは引退の花道を優勝で飾れるか?と予感させたけれど,
そこからクレイバノワとスキアボーネのエンジンがかかった。

クレイバノワの強烈なサーブが杉山ペアのリターンを崩し,
二人のストローク強打とボレーが面白いように決まり出します。
セットをまたいで一気に9ゲーム連取で,6-4,4-0に。
流れは完全にクレイバノワ・スキアボーネ組。

ようやくそこからハンチュコバが苦しみながらサーブキープ。1-4。これで流れを変えたい。
が,続くクレイバノワサーブはあいかわらず絶好調で難なくキープして5-1。
愛ちゃんサーブは40-0から1ポイント落としただけで大歓声の中キープ。このゲームが一番の歓声だったですね。2-5。
第8ゲーム,スキアボーネのサーブ。
マッチポイント40-15から愛ちゃんリターンが前衛クレイバノワのポーチにつかまって試合終了。。。うーん,残念!でもいい試合だった!

試合後は優勝したスキアボーネ,クレイバノワ,そしてペアのハンチュコバから愛ちゃんへねぎらいの言葉,抱擁が交わされ,
最後に愛ちゃんが挨拶をしてくれました。
初日のセレモニーで涙は流しつくして枯れちゃったと言っていましたが,
引退セレモニーでの場内一周では途中からもう号泣だったみたいです。。。(涙)

長い間,日本の第一人者としておつかれさまでした。
わがままな願いですが,いつかまた復帰してくれることを願っています。


1つ残念だったのは,決勝でしかも愛ちゃんの引退試合だったというのに,北側コートサイド席はガラガラだったこと。
ここは偉い人用の貴賓席やスポンサー関連の招待席になっていたようだけど,
一番の特等席をテニスに興味の無い人に割り当ててしかも来ないぐらいなら,
チケットが手に入らずに泣く泣く家でTV観戦してるテニス愛好家に開放するべきだろうよと思いました。。。


お土産(自分用)に会場で販売されていたとらやの饅頭を買ってきました。
テニスボールの色・形をした饅頭です。
思わずラケットで打ってみたくなりますw



↑観戦したイメージを自分のテニスに取り込みたい。